大阪といえば食い倒れ。

大阪というと結構ほかの地域の方には怖いや、がらが悪いなどと言われがちですが、そんなことは全くありません。
人間はみんな人情深く、すごく親切な人が多いです。そして町はほんとに住みよい街が多いです。
そして何より食べるものが美味しい。
大阪といえば食い倒れといわれるぐらい、食にうるさく、味にとてもうるさい人が多いです。
ですからおいしいものを提供しないとお客さんはぱたりと来てくれなくなります。
大阪でおいしいものを食べたいからと言って大金を出すことはありません。
今では時代の流れとともに、安くておいしくて、嬉しいお店がいっぱいできてきています。
大阪でおいしいものを食べたいといえば、一番に思うのがやはり粉ものでしょうか。
お好み焼きにたこ焼き、焼きそば、庶民的なソースの香りが鉄板の上に広がり何ともおいしい。鉄板からそのまま頂くのでフハフハ言いながらアツアツを食べるのが最高です。
串カツも有名ですね。串カツはソース二度づけ禁止などと言って、大きなタッパーにお店それぞれオリジナルのソースを作り、口をつける前につけて食べる。そんなルールがいつの間にか当たり前になりました。
串カツもこってりと濃いのかなぁと思いきや衣は薄く、タネの味が吟味されていて、ソースは思っているよりもしゃぶしゃぶのあっさりとした重たくない串カツを食べてみてはいかがでしょうか。
大阪のおいしいもの、是非ご賞味くださいませ。